FC2ブログ

元ゲーム記録。現在は犬のことについてつらつらと。

respect

CATEGORY考えること
だいぶ間が空いてしまいました。
ロッタの心臓検診や新年度開始やなんやかんや色々あったのですが
書き途中だった記事をとりあえず書き上げて終わらせます。

ヴィベケ先生の講座の後に色々考えていたことです。
と言っても講座の内容メインではなく、翻訳について、言葉について、ですね。




respect

と聞いたらなんと訳しますか?

尊敬する

という単語を思い浮かべる方が多いかと思います。

ただこの単語、

尊重する

という意味も持っているんですね。

「尊敬」と「尊重」だと、だいぶ受け取るイメージが変わりませんか?

尊敬
その人の人格をとうといものと認めてうやまうこと。
その人の行為・業績などをすぐれたものと認めて、その人をうやまうこと。

「敬う」は、対象を高位のもの、上位のものとして礼を尽くす意で、
「神仏を敬う」などのほか、「老人を敬う」「恩師を敬う」のように身近な相手にも向けられる。

(goo国語辞書)

尊重
価値あるもの、尊いものとして大切に扱うこと。

(goo国語辞書)

もちろんこの単語の訳は文章の流れによって変わってくるのですが
日本に入ってきた海外から犬のしつけ本みたいなのって、基本「尊敬」で訳されていたんじゃないかな…
私も先日の通訳さんが「尊重」と訳しているのを聞いて初めて
ああ、なるほどこういうことか、と腑に落ちたくらいです。

恐らくそれで昔の日本人の犬のしつけに対するイメージだと
犬から「尊敬」されるには〜
でよかったんだと思うんですが、実際は
犬から「尊重」されるには
だったのかもしれません。
わかんないけどね。実際の文章を読んでないから適当言ってるけどね。

犬に限った話ではないけれど

相手に何かを望むのなら、まず自分が相手のことを考えて行動しなければ、どうしたって諍いが起きてしまいます。
でも誰もがそんなこといちいち考えて行動なんかしてくれません。
それでも社会が回っているのは、人間同士、日本人同士のコミュニティならなんとなくでも共通認識があり、
それが常識や道徳や法律なんて呼ばれるものだったりして
そこそこそれなりに行動できてるんだと思います。

でもそれが男女とか年齢とかサラリーマンと子育て主婦とか、そんで犬と人間とか、
そういう自分の違う相手、自分の常識にない相手だと
どうしてもなんでこれ常識でしょ?????ってなるんですよね。

本当にそれって常識なのかな?
それはただ、あなたのコミュニティだけの話じゃないのかな?
そもそも常識って何?と

思想を専攻した者としてはそこまで考えてしまいますが、まぁそれは考えすぎなので置いといて。

私の思う常識が相手にとって常識とは限らないし
相手の常識を私が知らないことだってある。

だからこそ我々はより一層、相手の言葉に耳を傾けなければいけません。
それが犬のしつけのrespect の意味なのかもしれませんね。

まとまったかな!眠い!

COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply