FC2ブログ

元ゲーム記録。現在は犬のことについてつらつらと。

ロッタとの出会い

CATEGORYうちのこ

さて、今日はロッタ…つまり保護犬との出会いについて書いていきます。
10年前はネットで見たのを譲渡会みたいな駅前だとかでやってる会でその子に会いに行って
申し込んでトライアル〜みたいな流れだったと思いますが(団体によって違うと思いますが)
ロッタの場合はペットの里親探しをサポートしている「ペットのおうち」から繋がったご縁でした。

そもそもその時既に二頭いるのに何でペットのおうちを見ていたかというと
私どうにもシェルティが好きで、(*1)

シェルティの里親募集が出てる…あ、決まったよかった

みたいなのを確認する為にたまに覗いていたのです。
本当はいないことが望ましいんですが、悲しいことにそんなことはないんですよね…(*2)
その後は何となく全体を見て、決まりますようにと願いながらサイトを閉じる…という流れでした。

その時ふわっと入ってきたのがロッタの写真でした。
まだこのブログに写真を載せてないので似てるでしょと言っても伝わらないと思いますが
アビーと同じような毛色であら可愛いと思って写真をクリック
プロフィールを読んで行くと何とまぁ

私と同じ病気じゃあないか。

あーっていうか犬にも心室中隔欠損ってあるのかそりゃあるよね
心臓あればあるよねと謎の納得と親近感を抱いて
俄然この子のことに興味が湧き
預かりさんのブログを舐めるように読み
一晩寝て考えて翌朝母に相談してとりあえずお問合せだけしてみることに。

長くなりそうなので続きます

*1:
昔はちょっとした因縁があってシェルティは苦手だったんですが
先代シェルティを飼うことによってシェルティの良くも悪くもめんどくさいところが愛しくなってしまいました。

ラブとシェルティを飼うと、その差がまた激しくて。
ラブは「1・2・3…」と物事をこなす間に
シェルティは「123、この流れなら45いきますね、じゃやっときます!」
という反応速度の違いや牧羊犬ならではの行動だと飼い主がわかってないと
(人間にとっての)問題行動だと思ってしまう場合があるのはほんと牧羊犬あるあるですよね

*2:
つらい

COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply