FC2ブログ

元ゲーム記録。現在は犬のことについてつらつらと。

病院選び

さて、今回は病院選びのお話です。

ロッタが我が家にトライアルしに来るまで、こちらの都合で1ヶ月ほどあったのですが
その間単にケージの位置変えて先住犬に説いてるだけではなく、病院探しも行なっていました。

現在我が家がかかっている病院は
徒歩で行ける範囲で
治療をどこまでやるかという判断はできることをいくつか提示して、その上で任せてくれるし
もう何十年と付き合っていてお互いのことがわかっているので
特に不快なことも言われたことがなく悪くはないんですが
料金がこの辺で一番高いという難点がありまして…(それもあってかネット評判がイマイチ)

またロッタの病気は心臓…つまり循環器ですね。
預かり主さんはかかりつけの病院でいいですよ〜と仰ってくださったのですが
できれば循環器科みたいなのがあればいいよなぁ…というのが私と母の考え。
だって獣医さんて一人で皮膚心臓腎臓腫瘍目耳口などなど
色々診れなきゃいけないの人間で考えたら無理ゲーが過ぎません…?
そりゃある程度は判断できるでしょうけど、やはり得意分野ってあると思うんですよね。
しかも人によっては検査をあまりしないで見立てで判断…っていうのが
我が家ではちょっと受け入れられないのです(*1)

そんなこんなで循環器に強く、行きやすい場所…で探していたのですが
我が家は車がないので移動範囲が限られてしまう。
都内で循環器に強い獣医さんはあるにはあるんですが、
どうしても電車バスタクシーなど公共交通機関を利用して移動しなければならない
そうなるとロッタにも相当な負担になるのではないか…
など母と色々話し合いました。


…で、最終的にどうしたかというと、
最初のかかりつけの病院で我が家がほぼ行かない曜日に
循環器が得意な先生(日本獣医循環器学会認定医)が出勤していると
サイトで見てその方にかかることになりました。
なので結局病院自体は変わってません。

それまでのグダグダはなんなのよーって感じですが…(笑)
ただかかりつけの病院のサイトを改めてじっくり読むと
考え方(*2)が我が家と似ていて、なんだろう…
選択肢なんて最初からなかったのかもしれません…w
だから何十年と通っていたとも言えるし、その間でお互い影響を受けたのかもしれないし。

ロッタは大体半年に一回、心臓の検査を受ける予定です。
最初だけ我が家の子になった時と一歳になった時で期間が狭めでしたが、これからは半年に一回です。
心エコー、レントゲン、心電図…後は時々血液検査かな?(*3)
経過観察が重要な病気なので、その辺は私も納得済み…というか経験済みです。
幸いなことにこれらの検査はロッタは割と得意なようで(固まってるだけともいう…)
長い犬生、半年に一回一緒に頑張っていこうねーと密かに思ってます。

ちなみに次の診察月は私も同じ月なので、
恐らくこれから大体同じ検査を同じ月に受けていくことになりそうです(笑)
*1

この辺はほんとーーーーにそのお家によりますね。
人の話を聞いていても、検査より見立てで判断してほしい派が結構多い気がします。
無駄な検査は確かに動物とお財布の負担になるからやめてほしいけど
ある程度は科学的な裏付けが欲しいと思うんですけどねー…
これは私が散々病院にお世話になったからそう思うんでしょうか
難しいね

*2

専門性を重視しているところとか検査結果という裏付けをもらえるところとか。
より高度なことが必要な患者には大学病院、専門病院を紹介…など
人間のお医者さんでもそういうとこありますよね。
っていうか昔からかかっているから馴染みすぎて
ホームページを改めてじっくり見ることがなかったなぁ…w

*3

心エコー…心臓の動きを見る。ロッタの場合はこれで欠損部分を確認したりする。
レントゲン…心臓の大きさとかを見る。いきなり大きくなったりしてないか、など。
心電図…不整脈など心臓の動きをチェックする。
    でもこれは犬の場合緊張などもあるので人間ほど正確に…とはいかないっぽい?
血液検査…全身を流れる血液はいろんな情報を持ってる。つよい。

COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply